今日は強力な助っ人が来てくれた。
 
以前とあるボクシング教室で一緒に練習していた先輩。
 
久しぶりのお手合わせ。
 
対面シャドーやマスボクシングをそれぞれ2Rずつしたが、左フックがかなり上達していた。
 
コンパクトでスムーズな左フック。
 
おまけにマスでは顔面・ボディーと上下に上手くパンチを散らしてくる。
 
 
 
 
そんな先輩とスタミナ超人○○氏との炎のマスボクシング対決!
 
両者体重がほぼ同じなので、内容の濃いマスボクシングとなった。
 
が、先輩のカウンター左フックが幾度も炸裂。
 
ガードの甘さを突かれる。
 
私とのマスボクシングでは結構ガードが堅いのだが、今日は力んだのかそれともラウンドを重ねるごとに腕が上がらなくなってきたのか?
 
スタミナ超人もボディーパンチを入れ善戦していたが、全体的に見て先輩の貫録勝ち。
 
右対右のオーソドックススタイルでともにファイター型なので、かなりかみ合ったマスボクシングとなった。
 
 
 
先輩にはまた近いうちに来てもらおう。