先週の練習でミットを持っていた時に、パンチと指が交錯してしまうというアクシデントで、中指第一関節を負傷してしまった為、しばらくの間、ミットを持つ事が出来ません。

ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願い致します。
 
 

ミットを持っていて怖いと感じる瞬間は、ミットの中心を大きく外れたパンチが飛んできた時。
 
空振りをしてミットの隙間からパンチが飛んで来て、ヒヤッとした時も多々あります。

ミットを打つ時、パンチを上手くコントロール出来ない人は、力を込めたパンチを打つ必要はないので、まずはミットの中心を目がけてパンチを放つようにしましょう。