スーパーボディーボクシングのブログ

伊丹市でボクシングフィットネスを始めませんか!

2013年02月

防御テクニックの重要性

1500からの自主トレ。
 
超人のように動けた。
 
スピード・スタミナともに文句なし。
 
これを自画自賛という・・・。
 
 
シャドー3R・グローブを嵌めてのシャドー2R・防御1R・パンチングシャドー2R・ロープ1R・シャドー1R
 
練習終わりの体重が58.35kg
 
今の私にはこれ位がベスト体重なのかもしれない。
 
 
 
 
 
1600からの練習。
 
マンツーマンでの指導。
 
今日は私が得意とする防御テクニックを伝授。
 
前回はインサイドダック・アウトサイドダック・垂直ダックを教えていたので、今回はスウェーバックとブロッキング。
 
スウェーの場合は必ず顎を引き、パンチをかわした後は仰け反った体を元にもどす為にバックステップする事が重要。
 
ブロッキングはなるべく元の構えを崩さないように最小限の腕の動きでブロックしなければならない。
 
この5つの防御テクニックを習得するだけで、マスボクシングに深みが増す。
 
その為にはシャドーボクシングで攻撃だけではなく、如何にこれらの防御姿勢を組み合わせるかがポイントなる。
 
 
 
ボクシングの基本はシャドーボクシング。
 
シャドーの質を高めれば、それだけでボクシングは上手くなります。

3月のスケジュールです

 
3月のスケジュールです。
 
3月は15:00から開けておきますので、16:00まで自主トレOKです!
 
 

3月の講座開講予定日
スーパーボディーボクシング
スーパーボディーボクシング2
日 曜日 予定
2013年 3月
場所 伊丹スポーツセンター施設内
3/2Sat休み
3/9Sat16:00~16:50
3/16Sat16:00~16:50
3/23Sat休み
3/30Sat休み

お知らせ

2/16 はいつも通りの1600スタートです。
 
早く来ても開いていません。
 
2/23 は1500から開けておきますので、早めに来て自主トレしてもらっても構いません。

女子ボクサー

今日も1500から一人で自主トレ。
 
呼吸は楽だが体が全然動かん・・・・。
 
手と足がバラバラでスピードもないしパンチも乗らん。
 
まぁこういう日もある。
 
 
 
 
1600からの練習。
 
体験に女性1
 
何とボクシング経験者
 
しかも以前ここに助っ人で来てもらったサディスティックインストラクターのK氏とお知り合い。
 
スパーリング大会に出場経験があり入賞したらしい。
 
最初にシャドーを見させてもらったが、基本に忠実でガードの構えもしっかりしている。
 
そして一番感心したのが足の動き。
 
フットワークが使える。
 
そしてステップインしてパンチが打てる。←基本的な事ですが、コレ中々出来ません。
 
打った後のステップアウトまでを一連の動きの中で出来れば華麗なステップが踏めます。
 
これをシャドーで習得しマスボクシングでも同じように動くことが出来るようになれば、相手の間合いから自然と遠ざかりパンチをもらいにくくなります。
 
 
 
 
マスボクシングや対面のシャドーを7ラウンド位やってもらったのだろうか・・・スタミナも十分あり。
 
女性としてはS系インストラクターK氏以来の素質を感じさせる美女ボクサーだった。
 
一度K氏とのマスボクシングが見てみたいとも思った。
 
 
 
 
 
さぁ明日は卓球、横からのサーブが取れん。
 
研究しよ。

金メダリストの村田諒太がプロ転向へ!

今朝、衝撃的なニュースを目にした。
 
ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太がプロ転向へ!
 
五輪後プロ転向はしないと本人も語っていたので、100%あり得ない事だと思っていた。
 
もしこのニュースが本当であれば、日本ボクシング界も大いに盛り上がるに違いない。
 
恐らくデビュー戦がテレビ中継されるという、異例の事態も想像できよう。
 
しかし金メダリストとは言え、頂点まで登りつめるのはいばらの道。
 
世界の中量級のトップ戦線には名だたる名選手がひしめき合っている。
 
セルヒオ・マルティネス
フロイド・メイウェザー
サウル・アルバレス
アンドレ・ウォード
カール・フロッチ
アルツール・アブラハム
 
その他実力者が揃っている。
 
村田のボクシングはプロ向きとは言うものの、ボクシングスタイルの変革は必須。
 
現在27歳と言う年齢に達し、ボクシングを続けていくには決して若くはない。
 
果たしてオリンピック金メダリストがプロの世界しかも軽量級ならまだしも中量級でどこまで通用するのか見届けたい。
QRコード
QRコード
記事検索
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アーカイブ
カテゴリー
楽天市場
  • ライブドアブログ